リキッドファンデーションの正しい使い方


果物と女性リキッドファンデーションの正しい塗り方は、塗る部分によって使う量を変えるということです。目元や口元、額などは、よく動くため、ファンデがたまりやすくシワになりやすい部分です。そのため、よく動く部分にファンデを多量に載せてしまうと崩れる原因になってしまうことから、薄めに塗ります。
塗るときも、ひたすら肌にのばすように塗るのではなく、叩き込むようにします。特に乾燥肌の人は、のばさないように注意が必要です。手で叩き込むことで、大小無数にある毛穴を隠すことができ、丁寧に叩き込むことで、化粧もちもよくなります。また、目の周りや小鼻の脇など指だけでは対応できない細かい部分では、ムラになりやすいため、無理して指だけで叩き込むのではなく、スポンジを使って叩き込みます。しみは、厚塗りするのではなく、コンシーラーを使って上手にカバーします。
リキッドファンデーションを塗る順番は、広い部分から塗り始めます。内側から外側に向けて塗っていきます。次に、額の中央から両外側に向けて塗っていきます。その後、鼻筋、小鼻を塗ってから顎下を塗ります。
最後にルースパウダーを塗ることで、皮脂崩れを防ぎ、陶器肌のようなサラッとした感じに仕上げることができます。

コメントは受け付けていません。