パウダーファンデーションとリキッドファンデーション、どう違う?


パウダーファンデーションは、とても塗りやすいファンデーションになり、ムラができにくいという特徴があります。厚塗りになりにくくナチュラルな仕上がりになります。リキッドやクリームタイプのファンデーションは、最後にお粉を肌にのせる必要がありますが、パウダーはそのままで大丈夫なので手軽に使うことができます。ファンデーションのなかでも油分が少ないですが、パフにとるとしっとりとした質感になり肌に良くなじみます。薄づきのパウダーは、化粧崩れがしやすいといったデメリットもあります。リキッドファンデーションは、カバー力が強く毛穴などを隠すことができます。リキッドになっているので乾燥肌の人が使うと粉吹きが無くなりますが、オイリー肌の人が使うとテカリの原因になったりするので、フィニッシュにおしろいなどを塗る必要があります。リキッドは、使い慣れていないとムラがでやすくなることがあります。毛穴の奥に入り込んでクレンジングで落としきれなかったファンデーションが毛穴に詰まって、肌トラブルになることがあるので、クレンジングは丁寧におこなう必要があります。ファンデーションはそれぞれに特徴が違い、自分の肌にあったものを選ぶことが重要になります。

コメントは受け付けていません。