のっぺりせずに立体感を出すシェーディングのコツ


のっぺり顔から、立体感のある顔にするメイクをするためには、シェーディングがポイントとなります。シェーディングの方法が分からず、やったことがないという人も、次の二つの場所を押さえると、簡単に顔の印象をガラッと変えることができます。その二つは、顔の輪郭と、鼻筋です。
まず、顔の輪郭についてです。チークブラシやフェイスブラシに、濃い色の粉をとり、ぐるっと一周させましょう。その時に使う粉は、シェーディング用の粉でももちろん良いですが、まずは持っているもので試したい方におススメなのが、オレンジ系のチークと、濃いめの色のファンデーションです。チークを使う場合は、あまりラメが強くないものを使った方が自然に仕上がります。
次に、鼻筋です。眉頭から目頭に向かって濃い色の粉をアイシャドウ用のブラシでふわっと乗せていきます。ブラシがないときは、指の腹を使っても構いません。ブラシで行う場合は自然とグラデーションができますが、指の場合はくっきりしがちなので、ぼかすことを忘れずにしてください。粉は専用のものがいいですが、なかったらアイブロウの粉を薄く薄くつけるのでも大丈夫です。
上の二つの場所をする時の共通のポイントは、均一にファンデーションを塗った部分と、シェーディングを行った場所が不自然に分かれて見えないように、グラデーションを作るよう心掛けることです。大きめのブラシで作業すると自然とグラデーションができると思います。最後に、仕上がりを前からだけでなく、横からも鏡で確認すると、他の人から見たときも自然なメイクができます。
シェーディングをして、立体感のあるメイクを楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。